全国篤志面接委員連盟 横領1140万円

 

法務省所管の「財団法人全国篤志面接委員連盟」(東京都中野区)から現金約360万円を着服したとして、警視庁捜査2課は2012.10.24業務上横領の疑いで、佐賀市城内、同連盟元主事、前田亘彦容疑者(71)を逮捕した。

 

全国篤志面接委員連盟は、刑務所や少年院に収容されている人たちの社会復帰を支援するボランティア「篤志面接委員」の研修にあたる組織。全国からの寄付金で運営されており、前田容疑者は経理業務の責任者だったという。

  警視庁捜査2課によると、「インターネットの出会い系サイトや懸賞サイトなどに使った」などと容疑を認めており、計約1140万円を不正に引き出していたとみられる。

  逮捕容疑は、昨年6月〜今年2月、中野区内の銀行支店などで同連盟名義の口座から18回にわたって計約360万円を引き出し、着服したとしている。

  内部調査で発覚し、全国篤志面接委員連盟は今年3月末に前田容疑者を解雇するとともに、警視庁に告訴していた。2012.10.24 産経ニュース