トップ  >  不正経理  >  公的資金の融資制度の不正
公的資金融資不正

公的資金融資制度の不正 

2013.9.28 中国新聞より抜粋 
 


 国の融資金制度を悪用して銀行から金をだまし取ったとして、愛知県警は9月28日、詐欺の疑いで、名古屋市中区のロボット製造販売会社・ビジネスデザイン研究所(BDL)社長の木村憲次(63)と、同社の元経理マネジャーで大学職員の蟹江いづみ(52)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、中小企業が対象の全国緊急保証制度を悪用して融資金をだまし取ろうと計画

2008年11月中旬、
・全国緊急保証制度の申請窓口の名古屋市信用保証協会に、粉飾した決算報告書などを提出
・融資資格の認定書を不正に取得。
・名古屋市信用保証協会から信用保証を受けたように装い、
2008年11月下旬
・名古屋市中村区の銀行支店に認定書などを提出し、銀行から融資金8千万円をだまし取った。

BDLは融資金を返済できず、市信用保証協会が弁済した。

 木村容疑者は黙秘し、蟹江容疑者は「木村容疑者の指示で粉飾決算報告書を作っただけ」と否認している。

 県警によると、蟹江容疑者は2003年7月〜2010年4月、BDLの経理担当として勤務。木村容疑者は事件の数年前から蟹江容疑者に粉飾決算書を作らせていた。同じ銀行から信用保証付きの別の融資を受けていたが、融資額が上限の2億円に近づいて新たな融資が受けられなくなったため、別の方法で融資金を得ることを思い付いたとみられる。

 BDLは、2009年に発覚したトヨタ自動車系の自動車マフラー大手・フタバ産業(愛知県岡崎市)の不正融資問題での融資先だった。

現在は事実上、経営破綻している。

木村容疑者は2013年1月、フタバからの不正融資を隠すために銀行の振込伝票を偽造したなどとして、有印私文書偽造・同行使などの疑いで愛知県警に逮捕された。この捜査過程で今回の事件が発覚した。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:41 平均点:5.61
前
三重県津市学校給食協会
カテゴリートップ
不正経理
次
2013年上場企業の「不適切な会計・経理」

破産法の基礎を学ぼう

 

NEW BOOK


ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実 ヤバい経営学:
世界のビジネスで行われている不都合な真実

フリーク ヴァーミューレン Freek Vermeulen

東洋経済新報社 2013-03-01
売り上げランキング : 324

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

なくならない粉飾決算・不正経理
粉飾決算
粉飾決算のパターン
粉飾決算の事例
不正経理
震災後の景気
管理会計
バランス・スコアカード