トップ  >  粉飾決算  >  会計ビックバン
会計ビックバン

  会計ビックバンの影響

 

スポンサーリンク

 

 

会計ビックバン

「会計ビックバン」と呼ばれた会計制度の大改革が行われ、国際会計基準に対応した日本の企業会計基準の改正、監査法人の会計監査の厳格化などが段階的に相次いで進められた。 


会計ビックバンと並行して、銀行の抱える不良債権から銀行の経営破たんが相次ぐ中、大蔵省の指導により、不良債権処理が急速に行われ、バブル汚染企業など倒産し、淘汰されていった。


バブル汚染企業の淘汰により、財務のディスクロジャーも欧米先進国並みの水準に達したが、相変わらず粉飾決算、不正経理はなくならない。
ただし、会計ビックバン以前の粉飾決算とその後の粉飾決算では、手口が大きく変化していることは言える。

 国際化・グローバル化の波に伴い、日本だけでなく国際的に通用する会計基準の認識が重要となってきている。

日本企業が国際金融市場で資金調達する際には、国際的に通用する財務諸表を作成できなくてはならない。

1973年に国際会計基準委員会(IASC:International Accounting Standards Committee)が設立、国際会計基準(IAS:International Accounting Standards)が設定されている。
その会計基準が事実上のグローバル・スタンダードとして投資者への客観的な情報開示を目指している。

日本でも1999年度以降、会計基準の国際的調和という観点に基づき、会計基準の追加(あるいは改正)が行われた。
連結会計、税効果会計、金融商品の時価会計、退職給付会計、合併会計などの分野で新基準が順次設定されている。
企業結合の会計処理、業績報告(収益及び費用の報告)、株式報酬制度(ストックオプション)の費用認識の強制及び業績報告書の導入などが含まれている。2005年以降の新会社法の制定も行われの追加(改正)が行われている。
 

 

 

 

中小企業財務の見方超入門
久田 友彦
4765742407

関連商品
融資業務超入門
融資力トレーニングブック 粉飾決算の見分け方
間違いのない資金繰りのツボがよくわかる本 (知りたいことがすぐわかるPLUS)
事例に学ぶ貸出判断の勘所―資金使途の検証にみる「貸出の王道」
いまさら聞けない融資の常識50考

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:53 平均点:5.09
カテゴリートップ
粉飾決算
次
不良資産と健全資産

破産法の基礎を学ぼう

 

NEW BOOK


ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実 ヤバい経営学:
世界のビジネスで行われている不都合な真実

フリーク ヴァーミューレン Freek Vermeulen

東洋経済新報社 2013-03-01
売り上げランキング : 324

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

なくならない粉飾決算・不正経理
粉飾決算
粉飾決算のパターン
粉飾決算の事例
不正経理
震災後の景気
管理会計
バランス・スコアカード