トップ  >  粉飾決算の事例  >  アイエックスアイ粉飾の記事

 東洋経済 ビジネス 企業戦略 より引用


 
 大詰めのIXI事件 浮かぶ業界の「無法」(1) - 08/05/28 | 19:00
システム開発会社のアイ・エックス・アイ(IXI、2007年1月倒産)を舞台とした架空循環取引の捜査が大詰めを迎えている。大阪市内のIXI本社など関係先は昨年2月末、大阪地検特捜部と証券取引等監視委員会による大掛かりな家宅捜索を受けた。有価証券報告書の虚偽記載などで旧経営陣の責任がどこまで追及されるのか、重大局面が刻一刻と近づいている。

「商流ファイル」で架空循環取引を管理

管財人団の調査などによると、不正取引が本格化したのは03年前半。架空の商品を取引先の間で転売して最後に自分で買い戻す循環取引が、その手口だ。間に入った業者への売買手数料が上乗せされた金額で商品を買い戻す必要があるが、IXIには売上高を水増しできるメリットがあった。成長を装った同社は04年に大証ヘラクレスから東証2部に鞍替え、公募で約24億円を調達。06年にも増資で約52億円を調達した。

参加企業の勧誘など不正実行を担ったのは、他社から集団移籍してきた元取締役ら数人。さらに営業担当の元常務も関与した。創業者の嶋田博一元社長はワンマン経営者だったとされ、一部の実行者は元社長の関与があった旨も供述している。

不正認識の有無は別として、架空循環取引には日本ユニシスなど大手企業も含め、少なくともIT関連企業約20社が参加。IXIは「商流ファイル」と称する取引経路を記したデータを作成、全体をコントロールしていた。商品が実在するかのように装うため、「営業支援システム」といった名称で264枚ものCDを用意するなど、手口は周到だった。

不正取引の規模が大きくなった05年半ば以降、IXIは「簿外債務スキーム」にも手を染めた。資金供給源として東京リースを引き入れ、日本アイ・ビー・エム(IBM)が取引に介在するようにも偽装した。最終的に東京リースの資金負担額は約150億円に膨張。IXIの売上高のほとんどが粉飾で、総額は1000億円近くに上る可能性がある。

実はこの事件には、重要な役割を果たした複数の社外協力者がいた。

その一人は、簿外債務スキームで伝票類作成に関与した元IBM部長だ。元部長は02年にIBMに中途入社、大阪事業所の公共部門などに在籍した。が、その傍らで「創研アイデアプロダクション」の屋号で副業にのめり込んでいた。もともとはデータ入力の内職だったが、IBM転職後、システム開発業者への資金繰り仲介業に目をつけた。

副業はやがて循環取引の口利きに姿を変え、IXIによる不正と結びついた。それにうまみを覚えたのか、元部長は05年末にIBMを退職して独立。架空循環取引に参加させた都内の会社からキックバックを受けるなど、行動は大胆になった。交際女性の生活費の工面や、IBMでの営業活動のためにつくった個人的借金の返済が、その動機だった。もっとも、そうした蓄財行為は昨年、所得税法違反に問われている。

もう一人の重要人物は元ネットワンシステムズ部長である。この人物がネットワンに中途入社したのは00年。剛腕社長で知られた佐藤一雄氏の側近的存在だったものの、同氏が04年6月に急死した後は、会社に内緒で副業に手を染めた。

大詰めのIXI事件 浮かぶ業界の「無法」(2) - 08/05/28 | 19:00

休眠会社買い取り 口利きで多額の収入

04年秋にIXIの取引先調達で口利きを始めると、知り合いの経営者に依頼して「スカイピー・コム」という休眠会社を譲ってもらった。ただし、公認会計士の知人を代表に立て、自身は表に名前を出さないようにした。副業については、「社内規則や道義上の問題はあるが、法的に問題ない」と親しい弁護士からお墨付きを得ていたという。

取引仲介は加速度的に増加して、収入は毎月「億円単位」に膨れ上がったとされる。飲食代は数百万円に上り、銀座界隈を飲み歩いた。不審情報を得たネットワンは05年末に社内調査を行ったが、元部長はしらを切り通し、翌年3月末に退職。その後は個人保証で数億円を借り入れてまでIXI関連の取引にのめり込んだ。しかし計算違いからか、倒産時に多額の焦げ付きを抱えている。

2人のほか、デル日本法人幹部(当時)も広範に取引参加企業を勧誘、三信電気などを引き入れていた。米デルは昨年10月の決算訂正で日本法人における架空取引関与を認めている。また、旧TIS出身者も、一部で口利きを行っていたようだ。

IXIの架空循環取引に参加した企業が、別の不正取引に加わっていた事実もある。菱洋エレクトロやミロク情報サービスは、NAJ(大阪市、07年5月倒産)が中心となった循環取引に参加。ミロクは富士通子会社のPFUから40億円もの損害賠償請求訴訟を起こされるなど、7件もの関連裁判を抱える。先頃倒産したニイウスコーは自身が中心となり、リース会社を使った循環取引などで債務超過を隠蔽していた。

過去の不正では、実害が発生しないかぎり、参加企業は臭いものに蓋をして知らぬふりをしてきたのが実情だ。業界ぐるみの腐敗構図が断ち切られる兆しは、いまだ見えない。


連鎖するIT業界の不正取引

(高橋篤史 =週刊東洋経済)

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:76 平均点:5.66
前
IXIの粉飾
カテゴリートップ
粉飾決算の事例
次
ミサワホーム九州の粉飾

破産法の基礎を学ぼう

 

NEW BOOK


ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実 ヤバい経営学:
世界のビジネスで行われている不都合な真実

フリーク ヴァーミューレン Freek Vermeulen

東洋経済新報社 2013-03-01
売り上げランキング : 324

Amazonで詳しく見る

経営は何をすべきか 経営は何をすべきか
ゲイリー・ハメル 有賀 裕子

ダイヤモンド社  2013-02-22
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る

コンテンツ

なくならない粉飾決算・不正経理
粉飾決算
粉飾決算のパターン
粉飾決算の事例
不正経理
震災後の景気
管理会計
バランス・スコアカード